BLOGブログ

■カメラマン真咲のブログ

「とんでもございません」その日本語、とんでもないですよ!

10. 13. 2017
仕事でメールを打っている時に、
ん?この日本語、合ってる?と思ったときには
すぐに検索をするようにしています。

事務的なお堅い仕事をしたこともなく、
自分の敬語や言葉遣いに自信がないのです。

調べてみると、なるほど!と思うことや、
知らなかった!とびっくりすることもあるので、
検索するのもなかなか面白いですよ。

そうやって少しずつ、
正しく美しい日本語を身に付けたいなとも思っています!



さてさて、
今日はいつも気になってしまう言葉について書いていこうと思います。

「とんでもない」

例えば、
上司に「君のプレゼンはいつも素晴らしいね!」と褒められた時。

「とんでもございません!」

と応えていませんか?



その日本語、間違いです!!!



「とんでもない」は形容詞です。
「危ない」「切ない」などと同様に、この「ない」は形容詞の一部です。

「ある / ない」の「ない」ではないので、
「とんでもない」を丁寧に言おうとして、
「とんでもありません」「とんでもございません」というのは、間違いなのです。

日本語の授業ではないので、これ以上詳しくは書きませんが、
「とんでもない」を丁寧に言うには、正しくは

「とんでもないことです」

と使うべきなのです。



へぇ!と思いませんか?
私も、このことを新卒で入社した1年目に先輩に教えてもらって
なるほどなぁ!と思ったことを思い出します。

でも、教えてもらってすぐに、電話で
「とんでもございません!」と言っていましたけど。笑

すぐには身につきませんが、知っていることは大事です!



ではもう一度。

上司に「君のプレゼンはいつも素晴らしいね!」と褒められた時。

「とんでもないことです!」

こちらが正しい日本語です。



さらに言うと、「とんでもない」には、強い否定や非難の意味もあるので、
褒められたときには、どうせなら、
「恐れ入ります」「お気遣いありがとうございます」
という言葉を使う方が気持ちがいいですね!

自分のミスをフォローしてもらったときに
「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」を使う方が
気持ちがいいのに似ているのかな?

言葉の選び方ひとつで相手の気持ちも変えてしまうので、
正しい日本語を理解した上で、
気持ちよくコミュニケーションがとりたいですね!



最後に・・・
言葉は、時代によって変化する生き物です。
「とんでもございません」も間違いではないという流れに
なってきているようなので、一言書いておきますね。






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。

杉並区で人気の写真館/フォトスタジオ【スタジオミルク】

【所在地】
〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-5-1 1F
【Eメール】
info@studio-milk.jp
【電話番号】
03-6913-6785
【営業時間・定休日】
営業時間 10:00〜18:00
定休日 毎週火曜日・水曜日
【最寄り駅】
JR西荻窪駅北口から徒歩3分
一覧に戻る