BLOGブログ

 ┣ 育児

おすすめ抱っこ紐、2本目抱っこ紐。ベビーカーとの使い分け方法。

11. 27. 2017
小さな子どもと一緒におでかけするときには、
抱っこ紐やベビーカーは必須アイテムですよね。

抱っこ紐にも、
しっかり固定する装着するのが大変なタイプ
(1本目抱っこ紐)と、
ささっと使える簡易的なタイプ
(2本目抱っこ紐)とありますが、

「どこに」「どれくらいの時間」「何をしに行くのか」
それらを考えて、何を使うか選択しています。


・短時間なら抱っこ紐
(疲れないので機動性重視)

・長時間の移動ならベビーカー
(抱っこ紐では疲れる)

・電車で乗り換えして知らない場所へ行くときは抱っこ紐
(ベビーカーだとエレベーターを探すのに苦労する)

・荷物が多い時はベビーカー
(ベビーカーに荷物がかけられる)


あとは、雨が降りそうなときは抱っこ紐を使ったりも。
このように、抱っこ紐とベビーカーを使い分けているのですが、
2本目の出番はあまりありませんでした。


しかし、今日のお出かけは違いました!


・知らない場所へ電車で何度か乗り換え、長時間の移動、荷物あり


というお出かけだったので、
何を使おうか迷っていました。



判断としては、「ベビーカー+2本目抱っこ紐」にしましたが、
これが大正解!



普段乗らない通勤ラッシュの時間帯の新宿方面行きの電車。


甘くみていました!


中央線は混むと考え、総武線に乗ったのです。
以前勤務していたときに、
同じくらいの時間帯の電車に乗っていたのですが、
そんなに混んでいるイメージもなかったのですが・・・


混んでる!!


ベビーカーごと乗ることはできない!!


ということで、乗るはずの電車を1本スルーして、
息子を抱っこ紐で抱っこ、リュックは背負って、
ベビーカーは折りたたんで乗車しました。

これでなんとか乗り込むことに成功!



優しいお姉さんが、
ドアの脇のスペースを空けてくださったので
とてもありがたかったです。

話は逸れますが、
以前妊娠8ヶ月頃に中央線に乗ってしまったときも
お姉さんにドア脇のスペースを譲っていただきました。

自分もそういう対応をしていきたいものです。



さて、新宿までは抱っこ紐を使いましたが、
下りの電車は全然混んでいなかったので
その後はベビーカーに子どもを乗せて移動しました。

外でもささっと装着、抱っこできる2本目抱っこ紐は
いざという時に持っていると便利ですよ!!



最後に私の使っている抱っこ紐をご紹介します。

1本目抱っこ紐は、
「おんぶもっこ ボーダーもっこ(ネイビー)」です。

よく見るエルゴやベビービョルンなどの抱っこ紐と比べると、
布だけでできているので色々な使い方ができます。
高い位置でだっこができるので疲れにくく、おすすめです。
紐が長いので装着に不便な点もありますが、
とてもシンプルなので個人的に気に入っています。
おんぶもできるので、
おんぶをして家事をすることもできます。



2本目抱っこ紐は、
「ベッタ キャリーミープラス ペンシルストライプ」です。

今回のように、ベビーカーに乗せておくと
さっと簡単に子どもを抱っこできるので便利です。
夫と一緒に使えるように柄を選びました。
難点は、身長163センチの私でも、
肩ひもが長く、子どもの位置が低くなることで
子どもが重く感じられ、疲れやすいこと。
妊娠中に新生児から使えるとのことで購入しましたが、
首の座らない新生児ではうまく使えませんでした。
子どもが大きくなってから抱っこをせがんできても
抱っこの補助はしてくれると考えると、
長く使えるのではないでしょうか。





\フォロー大歓迎!/
牧田麻子Facebook



こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク

(西荻窪徒歩3分の駅近・ペットOKスタジオ、駐車場完備。
中央線、総武線、東西線沿線の荻窪、吉祥寺や三鷹、武蔵野市、西東京市、立川市、小平市、羽村市、
東京都新宿区や中央区、世田谷区、港区、江東区、渋谷区、品川区、練馬区、千代田区、中野区など23区。
23区の他、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県などからもお越しいただいております!)


■各種撮影プラン■

■お手軽ネット予約■ 

■インスタグラム■ 

コメント、フォローお待ちしています!

■LINEショップカード■ 
お友達登録で特典あり!2回目以降は撮影料金が割引に。

■イベント■ 
お正月ファミリー撮影
年賀状プラン
ペットファミリー撮影会@JOKERそごう横浜店






こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。

杉並区で人気の写真館/フォトスタジオ【スタジオミルク】

【所在地】
〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-5-1 1F
【Eメール】
info@studio-milk.jp
【電話番号】
03-6913-6785
【営業時間・定休日】
営業時間 10:00〜18:00
定休日 毎週火曜日火曜日祝日の場合、翌日休み)
【最寄り駅】
JR西荻窪駅北口から徒歩3分
一覧に戻る