BLOGブログ

■カメラマン牧田のブログ

自宅で燻製料理をしたいあなたへ。もっとも簡単で美味しい方法はこれだ!

10. 18. 2017
我が家では、古くなったトースターを
こちらのロースターに買い換えました!


このパナソニックの「けむらん亭」は
お家で燻製ができてしまうロースターなのです!!



私は最初、別に買い替える必要もないのでは?と思いましたが
夫がどうしても欲しい様子だったので、
トーストも焼けるのならと購入することにしました。

届いてから、ホタテ、いか、チーズ、ゆで卵、ちくわなど
色々と燻製しましたが、中でもヒットしたのが


ベーコンです!!


作り方は簡単です。

豚バラブロックを買ってきて、
塩とクレイジーソルトを擦り込んで2〜3日冷蔵庫で寝かせて、
「けむらん亭」で燻製に20分・・・完成!!


これが!


激ウマなんです!!


出来立てをすぐに食べても美味しいのですが、
もっとも美味しい食べ方は


ベーコンエッグ!!



ベーコンにしっかりと塩味がついていて、
燻製された良い香りが口の中に広がり、
とても美味しいのです。

なので調理の際に味付けはしません。

卵は半熟派なので、
卵の黄身に箸を入れて、とろりとした黄身に
ベーコンをからませて食べるのです。


本当に美味しくてたまりませんよ!!


もし、この「けむらん亭」の購入を迷われている方が
このブログを見ていたら、
ぜひ購入した方がいいですよと背中を押したいです。

休日の朝食がとても優雅になり、
気持ちの良い1日が始められること間違いなしっ!



ちなみに、不便な点はというと、
背が低いので、トースター代わりにグラタンなど
少し高さのあるものは焼けません。

高さが必要な調理の頻度としては少ないので、
そのときはオーブンを使用すれば良いかなと思っています。

普通の食パンなら全く問題なく焼けますよ。



贅沢な気持ちになれる、おすすめ家電のご紹介でした!






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。
続きを読む
 ┣ マタニティ■朝フォト! ┣ ペット

【朝フォト!】人気のマタニティフォト&ペットフォト!【東京フォトスタジオ】

10. 18. 2017
おはようございます!



晴れてます!!!
今日は爽やかに晴れていますよ!!!

(^^)人(^^)

今日はお洗濯物、干さないとですね!!
残念なことにまた明日からお天気割るようなので、
来週火曜日くらいまでは・・・今日がチャンスですね!


そんな今日の朝フォト!遅くなってごめんなさい(><;)

最近とっても人気のマタニティフォト&ペットフォト!
どんどんご紹介していきたいと思いますので、
これから撮影される皆さま、ぜひ参考にしていただければと思います♪




マタニティフォト、ワンちゃんと一緒にとっても可愛い1枚が撮れました♡


スタジオミルクは、ワンちゃんの他、猫ちゃん、うさぎちゃん、インコちゃんも
撮影可能です!もちろん、その他のペットちゃんも出来る限り撮影させていただきますので、
お気軽にご相談くださいね!!


また、お友達紹介制度もございます♪
フェイスブックやインスタグラムに投稿して、お友達にもぜひご紹介ください。
お友達紹介特典として・・・
撮影にお越しいただいたお友達は10%オフ!(もしくはえほんぶっく)
ご紹介者さまには500円分のクオカードをプレゼント!


どうぞよろしくお願いいたします(^^)




続きを読む
■カメラマン牧田のブログ

暗い地下のバーで悪い男たちがやっているスポーツとは!?

10. 17. 2017
先日、夫の手伝いで
ビリヤードの撮影をさせていただきました!

夫はビリヤードのアマチュア選手で、
アーティスティックビリヤードという競技で
世界大会に日本代表として出場しているのです!
すごいですね〜!!

夫と出会うまでは、正直なところ、
ビリヤードに良いイメージはありませんでした。

暗い地下のバーで悪い男たちがやっているイメージです!
はい!ドラマの見過ぎです!笑

さて、そんな夫ですが、
ビリヤード業界の未来のために
子供達にビリヤードの楽しさを教えているキッズビリヤードの
イベントのお手伝いをさせていただいているのです。

行ってみると、たくさんの子どもたちが
楽しそうにビリヤードをしていました!

聞くところによると、
9組も初参加のみなさんがいるとのこと。
でも初めてとは思えないくらいに、
みんな仲良く楽しそうにビリヤードをしていましたよ!



台に乗らないとテーブルに届かないような小さな子もいましたよ。
疲れて途中で寝ちゃう子の姿もありました。



プロがしっかり教えてくれる場面も。
お父さんやお母さんも一緒に参加していました。
子どもたちよりも楽しんでいるような・・・?



ハロウィン企画として、
子どもたちが楽しめるゲームを準備されていました。
みんな大盛り上がりでしたよ!



毎度ガチャピンもいます!



日本では昔ビリヤードが流行した時代もあったようですが、
今はスポーツとして、あまり知られていないように思います。

ですが、このように
業界のために、子どもたちのために
頑張っているみなさんのことは
心から応援したくなりますね!



次回は12月10日(日)ですので、
気になる方はこちら↓までお問い合わせくださいね!


こちら↓のリンクは今回のイベント告知です。






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。
続きを読む
■カメラマン牧田のブログ

Facebookを有効的に楽しく使いたいあなたへ。客観的なアドバイスをもらってみては?

10. 16. 2017


起業して、スタジオ(店舗)を持ってみて思うのは、
人に知ってもらうって、本当に難しいということ!

スタジオがあれば、店舗を構えれば、
それなりに知ってもらえると思っていましたが、
それは大きな間違いでした。

そこに店舗があっても、
目の前を通らなければわからないし、
通ったとしても興味がなければ視界にも入らない・・・

結局、店舗で知っていただける方はほんのわずか。

そういったことに悩む私のような起業家にとって、
認知を広げる方法を客観的にアドバイスいただけるというのは、
本当にありがたいものです。

今回、連休特別企画として、かさこ塾同期の林田(リンダ)さんに
Facebookのフィードバックをしていただきました!
リンダさんは、個人起業家の認知を広げる
パーソナルプロデューサーとして活動されています。
今回のブログは、その感想を書かせていただきますね。



フィードバックの内容は全体として、
“なんとなく”知っている内容でした。

例えば、Facebookのアルゴリズム。

交流のあるお友達の投稿が優先的に流れてくるということ。

なんとなく、わかってはいるアルゴリズムですが、
では、そこからどのように改善していけばいいのか?
どのように自分が動けばいいのか?
そこをわかりやすく、アドバイスいただけました。

なんとなく知っていても、
それを自分のこととして落とし込むことまでは、
全くできていませんでした。

やはり、客観的なアドバイスは必要ですね!



また、私の性格と言えばいいのか、
私のFacebookのクセとでも言えばいいのか、
そういったところも的確に見極めてくださいました。

いただいたフィードバックを読んでいくと、
私はFacebookの個人ページを仕事ツールとして
あまり認識できていないということがわかりました。

正直、スタジオのFacebookページがあるので、そちらが仕事、
個人ページの動かし方は、
仕事の目線でみると中途半端になっていたように思います。

そんなことにも気づかせてくれるアドバイスをいただきました!



私にいただいたフィードバックを載せても仕方がないと思うので、
起業されている方はぜひ受けてみると客観的な意見が聞けて
とても参考になって良いですよ!

また個人的には、起業されていなくても、
Facebookをもっと楽しみたい!という方が受けてみても
面白いんじゃないかなーと思えるような内容ですよ。

リンダさんのFacebookページ

連休特別企画の投稿

Facebook一言フィードバック、通常価格は3,000円のようです。
ご興味のある方は、ぜひ受けてみてくださいね!






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。
続きを読む
■朝フォト!

【朝フォト!】ペットちゃんと一緒に撮影OK♪マタニティフォト

10. 16. 2017
おはようございます!


昨日撮影にお越しくださったご家族のお写真をご紹介です♪
笑顔がとっても素敵なお二人とワンちゃんでした(^^)!

スタジオにもマタニティさん用のお衣装のご用意があります。
私服での撮影もお二人らしさが出ておすすめですよ!

ご夫婦で、お子様と一緒に、ペットちゃんと一緒に、
マタニティフォトぜひ記念に残しましょう♪
続きを読む
■カメラマン牧田のブログ

【出産記録】陣痛の痛みのピークを知っていますか?

10. 15. 2017


昨日、久しぶりに出産の時の写真を見たら、
とても懐かしくなりました。

なので今日は、出産の日のことを書いてみたいと思います。



その日は、予定日の翌日でした。
数日前から実家から母が来てくれていて、
陣痛を今か今かと待っていました。

予定日当日にも検診に行きましたが、
まだ生まれる気配はなく・・・
来週も検診に来てくださいと言われていました。

ご存知ですか?
妊婦健診の補助券は東京都では14回分まで。
15回目からは自己負担になるんですよ!

話を戻して。

来週からは自己負担かぁ〜
早く生まれてこ〜い!と思っていました。



そして、翌日。

朝の6時頃から、生理痛のような痛みが
5分間隔くらいでやってきました!

そうです!陣痛が始まったのです!!

最初は本当に生理痛のような痛み。
全然我慢できる程度。

そのまま普通に朝ごはんを食べていると、
ちょっと痛みが弱くなってきたような・・・?

5分間隔だった痛みの間隔が15分間隔に。



ここで、助産師の母のアドバイス!

体を温めると陣痛が促進される、ということで
お風呂に入って体を温めました!

すると、また陣痛の間隔が5分程度に戻ったのです!

母が助産師って、本当に安心できますね!



出産のときは、目をつぶると痛みが増すから
目を開けていきみ逃しをする、と聞いていました。

なので痛みが来たときに、
わざと、カッと目を見開いて、息をふぅーっと出し、
ふざけていきみ逃しの練習をする、
そんな余裕が午前中にはありました。



お昼くらいから、どんどん痛みが増してきました。

それでも初産なので、病院に電話しても
まだ自宅待機になりそうなので、痛みを我慢。

最悪の場合は、お母さんにとりあげてもらおう!
と覚悟して、ギリギリまで家にいることに。



お昼過ぎからは、痛みを本気で我慢しないといけないくらいに
陣痛の痛みが増していました。

その日は、夫が17時頃に帰宅する予定だったので、
どうせなら一緒に病院に行きたくて、
痛みを我慢して待っていましたが・・・


もう限界!!!


耐えられなくなって、16時半頃に病院に向かいました。

でも、病院に行ったところで、痛みがやわらぐわけではなく。
結局、個室で痛みを我慢するのみ・・・

先生に診察してもらっても、まだ子宮口が3センチくらい。

こんなに痛いのに3センチ!!!
10センチ開かないと出産できません。)
まだまだ時間がかかるんだ・・・と痛みを我慢しながら愕然としました。



17時半頃、夫も病院に到着して、
お尻を押したり、腰をさすったりしてくれました。

この頃には、おっきなうんちが出そうで出ないような、
そんな感覚を感じていました。



18時頃、また診てもらうと、
子宮口が5センチくらいになっていたのかな(記憶が曖昧・・・)
「今日中に、23時頃には生まれそうだね。」と。

やった!今日中なんて、早いんじゃない??
24時間とか覚悟してたよ?よっし!頑張ろう!

痛くてたまらない中でも、我ながら結構冷静。

そのまま分娩台に上がりました。陣痛は2分間隔くらい。



お腹に器具をつけると、
赤ちゃんの心拍と、陣痛の痛みがわかるようでした。

このとき、すごーく安心したのが、
陣痛の痛みがこれ以上痛くなることはないとわかったこと!

それまで、陣痛の痛みのピークは
赤ちゃんが出てくる直前に来ると思っていました。
つまり、生まれて出てくるまで、
どんどん痛くなっていくと思っていたんですね。

でも、そうではなくて、MAXの痛みが1分間隔で
なんども訪れるだけでこれ以上は痛くならないと言われました。



それなら、あとは我慢するのみ!!!



途中で先生がやってきて、
破水させようとしてくれましたが、破水せず・・・

先生があきらめた、その後自然と破水が起こりました。
あたたかくて、ぬるっとした液体が流れる感覚がわかりました。



その後は助産師さんが、そのときの状況を実況してくれます。


「子宮口がこれくらい(指で輪を作って)だよ!」


「赤ちゃんの髪の毛が見えてきたよ!」


「今、頭の一番大きなところだから、あとちょっとだよ!」


最後に数回いきんだところで、ぬるんっと出てきました!!!



生まれた〜〜〜!!!!!

(ブログ書いてるだけなのに、思い出してなんだか興奮!)



正直、陣痛の痛みは、本当に痛かったけれど、
生まれる瞬間は詰まっていたものがすぽんと出るような感じで
10ヶ月出なかった、おっきなうんちがするっと出たような)
とても気持ち良かったです。

息子は、209分に生まれました。

初産にしては、スピード出産!
子どもが大きかったせいか、出血量が多かったようですが
とてもスムーズな出産だったようです。



このような出産でしたが、産後も大変でした!
ちょっと長くなってしまったので、
また続きは別のブログにしたいと思います。






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。
続きを読む
■朝フォト!

笑顔も、自然な表情も、おちゃめな姿も!?スタジオミルクなら残せます♪

10. 15. 2017
おはようございます!


本日の朝フォト!は、
ベビーの撮影で人気のベビーヌードのお写真♪

不思議そうにシャボン玉に手を伸ばす姿が
とっても可愛かったです(^^)




こんなおちゃめなポーズも♡

動きが活発になってくると、
今の可愛い!というタイミングでスマホのシャッターを押しても
ブレていたり、タイミングがズレてしまったりなど、
なかなか難しくなってきますよね。

普段なかなか撮れない自然なお写真を
スタジオミルクなら残せます♪

ぜひ一度撮影にお越しくださいね!
続きを読む
■カメラマン牧田のブログ

ドラマ「コウノドリ」からみる、産前産後の男性に伝えたいこと!

10. 14. 2017


前作は妊娠前に観ました。
そして、今作は出産後に観ることになります。
やっぱり、今作の方が泣ける気がします!

自分が体験したことだと、
当然ながら感情移入が激しくて大変です!


なかなか妊娠しないと悩んだこと


妊娠がわかった時の喜び


つわりの苦しみ


妊娠中に気をつけたこと


陣痛の痛み


出産の瞬間


産後の体のこと


そして、その後の育児・・・


いろんなことが懐かしく、そして共感できることばかり。

もやもやして言葉にできない不安や
情緒不安定な気持ちがとてもリアルに表現されているので
ぜひ女性にも男性にも観ていただきたいドラマですね。


そういった意味では、第一話のクライマックスは
四宮先生の「手伝うじゃないんだ。あんたの子供だろ。」
のセリフのシーンではないでしょうか。


「手伝う」って!!!

四宮先生の言う通り、あなたの子供ですよって!


妊娠できるのも女性、
出産できるのも女性、
母乳をあげることができるのも女性。

だから、やっぱり、
どこか他人事になってしまう気持ちもわからなくはない。

わからなくはないけど、
そのちょっとした言葉のニュアンスが
情緒不安定な時期にはとてもシビアに聞こえるのです。

いやいや、そんな一言くらいで怒るなよ!
って思うでしょ?

でもね・・・
とてもシビアに聞こえるのですよ!本当に。

じゃあ、どう言えばいいんだ!
という声が聞こえてきそうですが、

ぜひ男性には話を聞いてもらいたいと思います。

「何をして欲しい?」

「何ができる?」

と、聞いてほしいです。
それでも何も答えが出てこない時には、逆に、

「何をして欲しくない?」

と聞くのもひとつの手です。
やってほしくないことは、あるかもしれません。

とにかく、気持ちが不安定なので、
大きな心で全て受け止めてくれたら嬉しいものです。

ちなみに、妊娠中や出産時、産後すぐにやらかしたことは、
女性はずーっと覚えているので気をつけてくださいね!






子どもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。
続きを読む
 ┣ ベビー

【今日の1枚!】ハロウィンだし仮装で記念撮影しよう?

10. 14. 2017
こんにちは!


今日撮影したお写真をさっそくご紹介しますね(^^)



なんと!




スタジオにピーターパンが遊びに来てくれました(^^)わーい!




ハロウィンも近いということで、ピーターパンの仮装で撮影しました!
ベビーちゃんは着ぐるみやこのような仮装でも可愛く撮れます(^〜^)


せっかく持っている衣装、使う機会が全然なくて・・・


という皆さまぜひ撮影で使っちゃましょう♪



撮影のお問い合わせ、ご予約お待ちしています。



続きを読む
■朝フォト!

【朝フォト!】お誕生日おめでとう!パーツ写真もかわいい!

10. 14. 2017
おはようございます!



今日も残念ながら雨ですね(><;)
本日撮影にお越し頂く皆さま、雨に加えて寒さもありますので、
暖かくしてお越しくださいね!




一人でタッチしている姿がとっても可愛い1歳くん。

よく見ると、つま先立ちです(^^)






こんな感じでパーツ写真も可愛いですよね♪


可愛いしぐさや、パーツも含めて色々なお写真を
お渡しできればと思います!


お問い合わせ、ご予約お待ちしています♪(^^)





続きを読む