BLOGブログ

 ┣ プロフィールフォト■カメラマン牧田のブログ

撮影したプロフィールフォトの使い方 その2

1. 15. 2018
算命学師範 瑠子(るこ)さんのプロフィールフォトを撮影させていただきました!

瑠子さんのブログ


Facebookでつながっている瑠子さん。

撮影前のブログのプロフィール写真を拝見しましたが、
Facebookで見る自然な笑顔の方が断然ステキ!
と感じたので、
そんな笑顔が引き出したいと撮影に臨みました。


↑ ↑ ↑
最初は一般的なポーズから始めます。
どんな方も緊張しているので、
リラックスして笑顔が出るまでは
様子を見ながら撮り進めていきますよ。

写真を確認していただくと、
顎のラインが気になるご様子でしたので、
カメラ位置を少し高くして撮ってみます。


↑ ↑ ↑ 
お顔を上げることになるので、
顎のラインがシャープになります。
女性だと見上げる形になるので、
可愛らしい印象になります。


↑ ↑ ↑ 
上から撮影するときの注意点としては、
体と顔のバランスを見ておくこと。
上から撮ると体が小さく映るので、
逆にお顔が大きく見えかねません。

そういう意味では、意図がなければ、
広角レンズでの撮影もやめた方がいいですね。


↑ ↑ ↑ 
ご希望で、観葉植物を入れたいとのことでしたので、
スタジオの撮影小物の観葉植物を入れてみました。

これだけで、グッとイキイキとした印象になりますね!


↑ ↑ ↑ 
写真を、どの媒体で、どの配置で、どんな形で使うかが
決まっていない場合は
(ほとんどの方がそうだと思いますが)
色んなバリエーションで撮影しておくと
後から困りませんのでおすすめです。


↑ ↑ ↑ 「算命学師範」の瑠子さん。
なんだか堅い肩書きからは想像つかないような
可愛らしく柔らかい雰囲気をお持ちの方でした!
私も近々占ってもらいたいと思っています。

算命学は、占い師が最後に辿り着く占いだと
言われているそうなので、
占い好きの方はぜひお試しくださいね!



スタジオをご紹介していただいたブログはこちら。





さて、今回もプロフィール写真の使い方のコツを少し。

SNSなどで写真を使用する際に、
気に入った笑顔の写真を選ぶだけでなく、
「お顔の向き」にも注目してみてください。

最後にご紹介した写真、
ほぼ正面向きではありますが、
体向きは向かって右を向いています。

そんなときに、
ブログ記事や投稿記事はどちらにありますか?



右側?



左側?


おすすめは、
お顔の向きの方に記事があると良いです。
なので、
この場合は向かって右側に記事がある方が良いですね。

理由は、写真の顔向きの方に
見た人の視線が誘導されるから、です。

ちょっとしたことですが、
そんな点も気にして写真を選んだり、
全体の構成を考えたりしてみてくださいね!





1〜3月限定!
一味違うプロフィールフォトを撮りたい方に朗報です! 





\フォロー大歓迎!/
牧田麻子Facebook



こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク

(西荻窪徒歩3分の駅近・ペットOKスタジオ、駐車場完備。
中央線、総武線、東西線沿線の荻窪、吉祥寺や三鷹、武蔵野市、西東京市、立川市、小平市、羽村市、
東京都新宿区や中央区、世田谷区、港区、江東区、渋谷区、品川区、練馬区、千代田区、中野区など23区。
23区の他、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県などからもお越しいただいております!)


■各種撮影プラン■

■お手軽ネット予約■ 

■インスタグラム■ 
コメント、フォローお待ちしています!

■LINEショップカード■ 
お友達登録で特典あり!2回目以降は撮影料金が割引に。

■イベント■ 
1〜3月限定!
一味違うプロフィールフォトを撮りたい方に朗報です! 







こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。


続きを読む
 ┣ プロフィールフォト■カメラマン牧田のブログ

撮影したプロフィールフォトの使い方 その1

12. 29. 2017
先日、堀謙造さんのプロフィールフォトを撮影させていただきました!

堀さんのブログ


当日までにメールにて
軽く打ち合わせをさせて頂いたのですが、
やはりみなさん、
写真への苦手意識があるようです。

ですが、撮影を進めていけば
すぐに素敵な表情が出てきて、
いい写真が撮れていきます!

早速、お写真をご紹介いたします!


↑ ↑ ↑
まずはベーシックな顔写真を撮影しました!
最初は右手も下ろしていましたが、
お顔がとても優しい方でしたので、
右手を腰に当てることで体を大きく見せ、
優しい中にも自信あふれる雰囲気に仕上げました。



↑ ↑ ↑
コーヒー豆の焙煎、販売をされているので、
コーヒーポットを使って、
コーヒーやカフェの雰囲気を演出してみました。



↑ ↑ ↑
白い背景だけでなく、
木目の背景を使ってアンティークなイメージ写真も撮影しました。
衣装チェンジもしていますが、
帽子はセルフブランディングのため、かぶったままで撮影。



↑ ↑ ↑
お持ちいただいた小物を使って、こちらもイメージ写真を。
ブログなどのアイキャッチ画像としても使えますね。


スタジオをご紹介していただいたブログはこちら。





このように撮影した写真を
みなさんどのように使っていただいているのでしょうか?

私は撮影中、
こう使えるな、こう使って欲しいな、
というようなことを考えながら撮影をしています。

SNSのプロフィール写真として使うだけではなく、
例えば、こんな加工をしてみるのはどうでしょうか。



フリー素材のコーヒー豆を使って、
文字を入れただけですが
これでフェイスブックのカバー写真の完成です!

数分でパパッと作ったので簡単な仕上がりですが、
こんな感じに加工ができちゃいます。

しかし、一体どれくらいの方が
こういった加工をして使っているのでしょうか?

もちろん、撮った写真を使って、
デザイナーさんに作ってもらうこともできると思います。

ただ、やはり加工を想定して撮影した方が作りやすいですし、
仕上がりも綺麗なのは言うまでもありません。

それに、撮影から画像加工まで
ワンストップでできた方がお客様も楽チンですよね。

なので、スタジオでも
プロフィールフォトプランに新たに
デラックスコース(仮)を作ろうと検討しています。

事前にカウンセリングをして、
相談の上、衣装や小道具まで準備を整えて、
ヘアメイク、撮影、画像加工までセットのコースです。

そうすることで、
よりお仕事のイメージが伝わりやすいプロフィール写真が仕上がり、
お仕事自体もスムーズに進めやすくなります。

せっかく撮った写真を
ぜひたくさん活用していただきたいと思っています!







\フォロー大歓迎!/
牧田麻子Facebook



こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク

(西荻窪徒歩3分の駅近・ペットOKスタジオ、駐車場完備。
中央線、総武線、東西線沿線の荻窪、吉祥寺や三鷹、武蔵野市、西東京市、立川市、小平市、羽村市、
東京都新宿区や中央区、世田谷区、港区、江東区、渋谷区、品川区、練馬区、千代田区、中野区など23区。
23区の他、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県などからもお越しいただいております!)


■各種撮影プラン■

■お手軽ネット予約■ 

■インスタグラム■ 
コメント、フォローお待ちしています!

■LINEショップカード■ 
お友達登録で特典あり!2回目以降は撮影料金が割引に。

■イベント■ 
お正月ファミリー撮影






こどもとペットが得意な写真館スタジオミルク
カメラマン牧田麻子

【プロフィール】
1986年岐阜県各務原市出身。県立岐阜高校卒業。2009年大阪芸術大学映像学科卒業後、愛知県の創寫舘にカメラマンとして就職。カメラは全くの未経験だったが、子どもの記念写真からウェディングフォトまで幅広く撮影技術を学び、1000組以上の撮影に携わる。2011年に上京し、物撮りカメラマンのアシスタントに付くが、物撮りより子どもの撮影が好きだと気づき3ヶ月で辞める。2012年子ども写真館スタジオポストに入社。それまで経験してきた撮影とは違い、自由で自然な姿を撮影する手法に感銘を受ける。700組以上の撮影を経験。方向性の違いから2013年に退社。そこで出会った同僚と共に2013年10月に独立。翌2014年6月に東京都杉並区西荻窪に写真館スタジオミルクを開業。同年結婚。夫の喘息が牛乳をやめたことにより改善し、自然派の考えに興味を持つ。2016年に妊娠、出産。現在一児の母として、自然派育児を実践中。

続きを読む